お金を数えながら1ヶ月を振り返る ー成績UPにかかせない大切なことー

医学部・東大・京大を目指す中学生のための塾「鉄仁会」主宰の石戸です。

今日は月末ということで、
・従業員さんの給料計算
・9月の売上計算
・10月の売上予測

など、「お金」に関する仕事を行っています。
ちなみに、仕事の世界では、
こういうお金を扱う仕事を「経理(けいり)」と言います。

本日は、経理の仕事をする中で、
私(石戸)が考えた成績を上げる上で重要なことをお伝え致します。
お役に立てば嬉しいです。

9月はスゴイ月でした。。。

9月は、実は大きな事件がありました!

それは、何かというと、生活習慣を朝型に変えたということです!!
※朝型に変えた理由については、下記記事をご覧下さい。
【宣言】「朝型人間」に生まれ変わります!ボクが朝型にした2つの理由

「大した事件じゃないじゃん」と思われた方も多いと思います(笑)

しかし、それまでの私(石戸)の自由な生活スタイルを知っていた人からすれば、
これはめちゃくちゃスゴイことなんです。

朝型に変えるのに、かなりのエネルギーを使った一ヶ月でした。
そして、朝から起きて夜まで仕事をする毎日。

9月は法要があったため、一日だけお休みを取りましたが、
その日以外は、毎日朝から起きて夜まで仕事をしていました。

つまり、何が言いたいかというと、

9月はよく頑張った!

ということです。(笑)

だから、会社的に見ても、
9月は、社長(石戸)が
朝型に変えようと頑張ったからOK!

めでたし♫めでたし♫

・・・

とは、なりません。

勘の良いあなたはお気づきかもしれませんが、

会社から見て
社長が頑張ったとか、朝型に変わったとか、健康的になったとか、
どーでも良いのです

そう、会社から見て大事なのは、

結果

です。

言い換えるならば、「いくら売上が上がったのか?」という、

SU・U・JI

です。

会社から見れば、
社長(石戸)が今までの人生で一番ハッピーな月であっても、
売上がなければ意味がありません。

逆に、
社長(石戸)が今までの人生で一番辛い月であったとしても、
売上が上がっていれば問題ないのです。

もちろん、私(石戸)としては、売上が上がっても、
アンハッピーなのはイヤです(笑)

しかし、世の中は残酷で、
会社経営において、大事なのは、
結果(売上)であり、
その月に頑張ったとか、楽しかったとかは、
どーでも良いのです。

残念ながら、これが資本主義社会です(´;ω;`)

数字を元にして考えていますか?

他人事のように思ったかもしれませんが、
この話はあなたにも関係しています。

つまり、会社経営の結果主義は、
勉強社会においても当てはまるということです。

僕たちは、つい、頑張ったかどうかで、
月ごとの成果を考えてしまいがちです。

・勉強時間を増やした
・取り組んだ問題集の量を増やした
・時間の使い方を工夫した

どれも間違いなく成績アップにつながる行動です。
その行動を1ヶ月間積み重ねたあなたは、
間違いなく、1ヶ月間頑張ったのだと思います。

しかし、

頑張ったから、その月はOK

というわけではありません。

そう、結果が出ていなければ、頑張ったとしても、
勉強社会では評価されません。

もっと端的に言えば、
点数が上がっていなければ、
どれだけ一ヶ月頑張っていようが、意味がないのです。

だから、1ヶ月間の成果を考える時に、

・1ヶ月間でやったこと
・1ヶ月間の勉強時間
・1ヶ月間の時間の使い方

などを、まず初めに考えるのは、間違っています。

まず、初めに見るべきところは、数字です。

そして、その上で、成果が出ていなければ、

・1ヶ月間でやったこと
・1ヶ月間の勉強時間
・1ヶ月間の時間の使い方

など、あなたが1ヶ月間でやったことを振り返ります。

あなたが、一ヶ月間頑張ったかどうかが、
一ヶ月の成果を考える際に入り込む余地はありません。

自分の成績を客観視しよう!

最初の時に、私(石戸)が朝型に変えたというエピソードで、
「頑張ったんだから、9月は会社として大きく成長しましたね」
と思った人はいないでしょう。

会社が成長したかどうかは、
「売上が増えたかどうかで決まる」
という点にも納得して頂けた方も多いと思います。

もちろん、何を軸にするかで、
成長の捉え方は変わるので、
・生徒数
・生徒さんの成績アップ度合い
・授業満足度
など、別の指標にしても良いと思います。

しかし、会社が成長したかどうかに、
・石戸が頑張ったかどうか
が入らないことは間違いないでしょう。(笑)

ところが、他人の場合は、明らかでも、
自分の場合になると、見失ってしまいがちになります。

「先月は頑張ったから、かなり成績が伸びた」

勉強においては、上記のように思っている人が多いように思います。

しかし、重要なのは、数字(成績結果)です。

順調に成績が伸びているかどうか?

このことを考える時に、一番に見るべきものは、数字です。

勉強の成果を振り返る時には、
一歩引いて、感情を抜いて、あなたの点数や偏差値を元に考える。

とても、難しいことですが、
できるようになれば、効果を発揮する方法です。

良ければ、ぜひ、やってみてください(^^)

「お金を数えながら1ヶ月を振り返る ー成績UPにかかせない大切なことー」への 1 件のコメント

  1. はじめまして。
    楽しみながら拝見させて頂きました。
    結局会社は成長したのか語られない点が、オープンなブログの歯痒いところですね…。
    面白かったので他の記事も読ませていただこうと思います。

へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です